サバゲー技術の基礎:撃ち合い編 第2回 敵のエイムを外そう

技術
この記事を書いた人

軽装で撃ち合いを楽しみたい派の管理人
車と銃で火の車なのであの手この手で節約を試みている

沼の精をフォローする

前回の記事で、サバゲーにおいては銃を構えて敵の方を見ている側が有利であると書きました。自分が銃を構えられれば有利になりますが、敵に構えられてしまうと非常に不利です。

本稿では敵が銃を構えて待ち構えている状態に突撃するのではなく、その状態をかいくぐって最低でもイーブン、できれば有利な状態を生み出す方法について解説していきます。

エイムを外すってどういうこと?

サバゲーをしていると、必ず敵が銃をガッチリ構えている状況に直面します。そしてその照準は自分が顔を出そうとしているバリケードの切れ目にぴったりと合わせられています。

これがエイムの合っている状態

一方で銃は構えているものの、敵が前後左右のどこから来るかわからない状態エイムの外れた状態です。

「敵のエイム(照準)外す」と言うときに、エイムの外し方は大きく分けて2種類あります。

  1. そもそも敵の視界から消える
  2. 照準を自分の体に合わせられなくする

もちろん1.の方が有効で、うまくいけば敵の背後を取って自分を探し回っている背中を撃ってしまうこともできるわけですが、これには限界があります。

それはサバイバルゲームの性質上、容易な前進は他のバリケードに潜む敵からの射撃に体を晒す確率が非常に高いからです。

それではどうするか。

2.の照準を自分に合わせられなくしてしまいしょう。

エイムを外す効果

エイムを外す効果は不利な1対1の撃ち合いをイーブンな撃ち合いに持ち込むことだけではありません。

エイムを外すことで敵の展開を遅らせ、味方にとって有利な局面を作り出すことができるようになります。

砲兵が戦場の女神と呼ばれるのは火力で敵の秩序だった行動を妨害することによって自軍の白兵戦力を有効に運用できるからであり、ベトナム戦争でアメリカが苦戦したのはジャングルの地下に潜る北ベトナム軍にはその火力優勢が通用しなかったからです。

6mmのBB弾を撃ち合うサバゲーにおいても根底にある駆け引きは実戦と同じです。より多くの弾を、より有利な状況で撃った方が勝つのです。敵の有利な状況を崩しに行きましょう。

照準を自分に合わせられなくしよう

それではまず敵と1対1の状況を念頭に敵のエイムを外す方法について考察していきましょう。

4人に分身しよう

1枚のバリケードの裏にいるあなたは最大で4人に分身できます。もう少し具体的に言うと、バリケードの4か所から顔を出すことができます。

これは自分からするとせわしなく動き回るので照準も定まりづらく、有効性に乏しいと感じるかもしれませんが、安定した射撃体勢を確保している敵からしたらどうでしょうか。

せっかく有利な位置を確保したはずなのに、上下左右に照準が振り回される上に自分のバリケードにはバシバシと弾が撃ち込まれるのです。

自分の威嚇射撃で相手がバリケードの裏に隠れてくれたらこっちのものです。敵が最も顔を出してきやすいと思われる位置にガンロックしましょう

敵が最も顔を出してきやすい位置=周りの味方から遠い側のヘッドライン(頭の高さ)です。

下図のように味方と一緒に2対1の状況を作れている場合、敵が顔を出してきやすいのは③のポイントになります。

ここから先の細かい戦術については別の記事で詳述していきます。

味方と連携しよう

味方の練度にも依存してくる部分ですが、味方に適切な指示を出すことで敵のエイムを外すことができます。

一番簡単なのは味方に敵がいるバリケードへの威嚇射撃をお願いすることです。大抵のバリケードはベニヤ板でできており、着弾したことはわかりますが、ベニヤ板のどこに着弾したかまではわかりません。

そこで敵がいるバリケードを撃てる位置にいる味方に弾を撃ちこんでもらうことで、敵に「自分が認知できていない敵から狙われている」と勘違いしてもらうことができます。この際に威嚇射撃をする味方から敵が直接見えている必要はありません。

ダブルガン

下図のように上下に並んで銃を構え、リーンしてランダムなタイミングで頭を出しては引っ込めてを繰り返します。

敵からすると、上下どちらに照準を合わせればいいのかわからなくなる上に、ぼーっとしていれば撃たれてしまうためかなり焦ります。筆者も一人でダブルガンを相手にするのは非常に苦手です。

敵がこれに怖気づいてバリケードの裏に下がったら、先ほど書いたようにガンロックしましょう。

味方にガンロックと威嚇射撃を任せて自分は敵のバリケードに殴り込んでしまってもOKです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-8.gif
バリケードの反対側を見ている敵の側面に回り込むの図

最後に

もしあなたが一か所からしか顔を出さず、敵の威嚇射撃によって牽制されていると、敵にとっては「あのバリケードの敵を釘づけにしているから右から回り込んで撃っちゃって」とあなたを狩るために他の味方を動かすことができるようになります。

しかしあなたが上下左右に動き回っていたらどうでしょうか?敵はあなたを牽制できていないので、味方を不用意に前進させることができません。下手に味方を動かせばその人が撃たれてしまうかもしれないからです。

バリケードの裏で震える代わりに動き回れば、その間に味方を撃ち合いに有利な位置に動けるよう立ち回ることで自分の生存率を上げることができます。

バリケード一枚を挟んだ騙し合いや心理戦がサバゲーの醍醐味です。相手の心理をコントロールする、真のメンタリストはネットでサロンを開いている詐欺師ではなく熟練したサバゲーマーなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました